スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
えべっさん
ebisu.jpg最近はカラフルになったもんだ。
きのうの「宵えびす」で、青いりんごあめを子供が選んだ。
手に負えないと思ったのか、帰ってから食べると宣言した。
手に持っているだけでも、ルンルンなのだ。

いろんな屋台にも惹かれるが、子供が楽しむ程度でそこそこに、決まった焼き鳥屋へ出かけた。
去年も、おととしもこのパターンだった。
商売繁盛を祈願して・・・というよりは、このお決まりの「飲み会」を楽しむのが目的になっているのかも。
平日の早い時間帯に店に入るので、焼き鳥屋だが子供連れでも大丈夫。
お店の方も気を使って個室みたいなところへ通してくれた。
気兼ねなく楽しめた。

きょうの朝。
きのうの青いりんごあめは、なぜかペン立てにささっていた・・・。

幼稚園から帰ってきた子供がさっそくほおばる。
あめは絶対噛まない。噛んでしまうと悔しがる。
りんごあめも例外ではなかった。
なんと2時間ぐらい舐め続けたところで、
「この赤いところがおいしくない」
と言った。
ついに姿を現した中のリンゴのことだ。
たぶんリンゴの皮もしばらく舐め続けていたのだろう。
「これは尋常じゃない。強敵だ」と思って発した言葉かどうかはわからない。
赤いところって、リンゴのところか?と聞くと、
「えっ、これリンゴなん?」
・・・。こっちが「えっ?」だよ。
ringoa.jpgどうやらリンゴの形をした「あめちゃん」だと思っていたようだ。
「なかまでぜーんぶ、あめちゃん」だと。
だからリンゴの出現には驚きを隠せない。
きょとんとしている息子・・・。

またささっている。
断念したのか、再チャレンジするのか、
元の袋に戻した「青いりんごあめ」がペン立てに。
ぶらり | CM(0) | TB(-) | PAGETOP
コメント
コメントを書く









←コメントを管理人にのみ表示する場合はチェック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。