スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
ささやかな納涼
セミの合唱がすさまじい。

確か、自分が子供だった頃はセミといえばアブラゼミばかりだった。
クマゼミは貴重な存在だったように思う。
それが、いつの頃からなのか、今ではクマゼミばかりになっている。

子供を連れて、すぐそばの公園へセミの観察に出かけた。

自宅には確かに数種類の鳴声が届いている。
クマゼミ以外のセミを探し求めた。

残念ながら、目にしたのはアブラゼミ2匹だけだった。

semi2.jpg声はすれど姿は見えず・・・。
上の方にいるんちゃう? と子供。
残念そうなお父さんを見かねて声をかけた・・・のではないと思うが。

夕方、この辺りには珍しくヒグラシがないていた。
子供のころ遊びに行った田舎の日暮れ時。涼感。
紫がかった薄明の空に響く、カナカナカナの美声。
今度は、声だけでも満足だった。


 
ぶらり | CM(0) | TB(-) | PAGETOP
コメント
コメントを書く









←コメントを管理人にのみ表示する場合はチェック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。